記事一覧

【金曜日の言葉】Vol.10

もし人々が自分のスピリット(魂・霊性)の部分に触れる事が出来れば、感情的にも身体的にも癒されるであろう。

エリザベス・キュブラー・ロス

If people would get in touch with their spirits, they would be able to heal, emotionally and physically.

Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.9

私は、私達が選ぶものについてのみ責任があると信じている。それは生涯にわたるすべての行為、言葉、思いにいたるまで、その選択による結果を受けとめることになる。

エリザベス・キュブラー・ロス

I believe that we are solely responsible for our choices, and we have to accept the consequences of every deed, word, and thought throughout our lifetime.

Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.8

地球での時間には限りがあり、いつ人生の終焉を迎えるのか知る由もない事を真に理解した時、
私達は、まるで今日が最後の日であるかのように、出来る限りを尽くして生き始める。

エリザベス・キュブラー・ロス

It's only when we truly know and understand that we have a limited time on earth
- and that we have no way of knowing when our time is up,
we will then begin to live each day to the fullest, as if it was the only one we had.

Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.7

現代の医学が痛み(苦痛)のない人生を提供できる魔法のようになったと思われている。
それは違う。
私が知る人々を本当に癒す唯一のものは、無条件の愛だけである。

エリザベス・キュブラー・ロス

I think modern medicine has become like a prophet offering a life free of pain.
It is nonsense.
The only thing I know that truly heals people is unconditional love.

Elisabeth Kubler-Ross

第41回ワークショップへのお誘い 2017年05月03日~

キュブラー・ロスのワークショップ

ファイル 228-1.jpg

エリザベス・キュブラー・ロス博士の生と死、そしてのり越えるためのワークショップ
今、ここから一歩を踏み出す・・・
よりよく生き抜くためのグリーフワークへのお誘い

第41回 開催案内
開催地:国立女性教育会館
開催日時 平成29年05月03日(水)-05月05日(金)
05月03日 13:00 東武東上線 武蔵嵐山駅 集合

主催 NPO法人 キュブラーロスの会
   日本LDTワークショップ実行委員会
共催 Elisabeth Kübler-Ross Foundation,US
後援 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター

ワークショップ開催地
  • 開催地
    埼玉県比企郡嵐山町姿728
    電話 0493-62-6711
次回ワークショップ
  • 開催地
    関東近郊
    平成29年11月

ファイル 228-2.jpg

ロス博士とともに誓い 写真はKen Ross氏「EKR最良の土曜日」2004年6月26日に我々スタッフとともに撮影

Elisabeth Kübler Ross International Groups
 日本LDTワークショップ実行委員会本部
  • 事務局
     佐橋 啓空(通照院) TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722
  • 埼玉デスク
     大場 満洋 TEL 048-645-4927 FAX 048-647-0697
  • 西宮デスク
     城谷 昌彦(城谷医院) TEL/FAX 0798-72-8768
  • 三木デスク
     山本 篤(山本医院) TEL 0794-84-1755 FAX 0794-88-8721
  • 九州オフィス
     満岡 聡(満岡内科消化器科医院) TEL 0952-51-2922 FAX 0952-51-2923
参加申し込み方法・連絡先
  • 参加申し込み
     この案内書に添付の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、下記の実行委員会本部か最寄の事務局に直接郵送していただくか、ファクシミリでお申し込みください。参加要綱を差し上げます。
     また詳しくはお電話でご相談させていただきます。
     このことに関してプライバシーは厳守されます。
  • お問い合わせ先
  •  ★ 事務局 佐橋 啓空(通照院)
      TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722

     ★ ホームページに記されている下記メールアドレス
      support @ ldt-workshop.org

    • 参加費
       30,000円
      実費 20,000円(2泊3日5食付 参加費に含まれます)
       宿泊費/食事代は、参加当日会場受付で受領します。
       事前の振込みは一切受け付けておりません。ご注意ください。
    参加者のからだの状態に応じた対応をします

    さまざまなこころと身体の状態の方でも参加が可能となるよう出来るだけの対応をしております。
    重病の方や介助なしには歩くことが出来ない方の参加に当ってはご本人やご家族とまた場合により担当医師と相談し、参加期間中のサポートに配慮いたします。

    ワークショップへの参加をお断りする場合

    精神科的疾患のある方は時に悪影響が生じることがあるため、参加をお断りすることがあります。

    主なスケジュール
    • 1日目
       心の動きを知る自己作業
       オリエンテーション、ワーク
    • 2日目
       ワーク、レクチャー
    • 3日目
       振り返り、セレモニー、解散
    パンフレット

    ファイル 260-1.pdf
     ワークショップについて (Acrobat PDF 714kb)
    ファイル 260-2.pdf
     第41回 開催案内 表面 (Acrobat PDF 1370kb)
    ファイル 260-3.pdf
     第41回 開催案内 裏面 (Acrobat PDF 301kb)
    ファイル 260-4.pdf
     第41回 参加申込フォーム (Acrobat PDF 809kb)

【金曜日の言葉】Vol.6

自分の内にある静かな部分につながり学びなさい、人生の全てには目的があるということを。
そこには間違いはありません。偶然の一致もありません。
全ての出来事は私達がそこから学びを得るために与えられた、祝福に満ちたものです。
エリザベス・キュブラー・ロス

Learn to get in touch with the silence within yourself, and know that everything in life has purpose.
There are no mistakes, no coincidences, all events are blessings given to us to learn from.

Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.5

私達はそれぞれのレッスンを学ぶために、地球に降り立った。誰もあなたのレッスンが何であるかを伝えることはできない。それを発見するのはあなた個人の旅の一部である。旅の途中で多くのもの、または僅かなものを与えられるが、決して 私達が手に負えないものは与えられない。
エリザベス・キュブラー・ロス

We're put here on Earth to learn our own lessons. No one can tell you what your lessons are; it is part of your personal journey to discover them. On these journeys we may be given a lot, or just a little bit, of the things we must grapple with, but never more than we can handle.
Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.4

私達全てが学ぶ究極のレッスンは、無条件の愛である。人々に対するものだけではなく自分自身への愛も含む。
エリザベス・キュブラー・ロス

原文
The ultimate lesson all of us have to learn is unconditional love, which includes not only others but ourselves as well.
Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.3

私達が次の世代の子ども達に伝えなくてはならないことは、命をいただいたその日から、自分の人生に責任があるということ。自分の人生を人類に与えられた最大の贈り物として捉えるか、苦しみとして生きるのか、私達は自由に選ぶことができる。愛情からも恐怖からも選択を創り上げる事が出来る。
エリザベス・キュブラー・ロス

原文
We need to teach the next generation of children from day one that they are responsible for their lives. Mankind's greatest gift, also its greatest curse, is that we have free choice. We can make our choices built from love or from fear.
Elisabeth Kubler-Ross

【金曜日の言葉】Vol.2

人々はステンドグラスの窓のよう。太陽が出ている時はきらめくが、暗闇の中では息を潜めている。
内側から光輝くものがあれば、本来の美しさが浮きあがってくる。
エリザベス・キュブラー・ロス

原文
People are like stainedglass windows. They sparkle and shine when the sun is out, but
when the darkness sets in, their true beauty is revealed only if there is a light from within.
Elisabeth Kubler-Ross

ページ移動