記事一覧

平成29年 貸借対照表

ファイル 304-1.pdf

平成29年 貸借対照表を公開しております。

第44回ワークショップは延期いたしました。

第44回ワークショップは延期いたしました。

第44回ワークショップへのお誘い 2018年10月06日~

キュブラー・ロスのワークショップ

ファイル 228-1.jpg

エリザベス・キュブラー・ロス博士の生と死、そしてのり越えるためのワークショップ
今、ここから一歩を踏み出す・・・
よりよく生き抜くためのグリーフワークへのお誘い

第44回 開催案内
開催地:高砂市青年の家
開催日時 平成30年10月06日(土)-10月08日(月)
10月06日 13:00 現地会場に集合
主催 NPO法人 キュブラーロスの会
   日本LDTワークショップ実行委員会
共催 Elisabeth Kübler-Ross Foundation,US
後援 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター

ワークショップ開催地
  • 開催地
    高砂市青年の家 〒676-0031 兵庫県高砂市高砂町向島町1710番地 079-443-2155
次回ワークショップ
  • 開催地
    関東近郊
    平成31年05月

ファイル 228-2.jpg

ロス博士とともに誓い 写真はKen Ross氏「EKR最良の土曜日」2004年6月26日に我々スタッフとともに撮影

Elisabeth Kübler Ross International Groups
 日本LDTワークショップ実行委員会本部
  • 事務局
     佐橋 啓空(通照院) TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722
  • 西宮デスク
     城谷 昌彦(城谷医院) TEL/FAX 0798-72-8768
  • 三木デスク
     山本 篤(山本医院) TEL 0794-84-1755 FAX 0794-88-8721
  • 九州オフィス
     満岡 聡(満岡内科消化器科医院) TEL 0952-51-2922 FAX 0952-51-2923
参加申し込み方法・連絡先
  • 参加申し込み
     この案内書に添付の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、下記の実行委員会本部か最寄の事務局に直接郵送していただくか、ファクシミリでお申し込みください。参加要綱を差し上げます。
     また詳しくはお電話でご相談させていただきます。
     このことに関してプライバシーは厳守されます。
  • お問い合わせ先
  •  ★ 事務局 佐橋 啓空(通照院)
      TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722

     ★ ホームページに記されている下記メールアドレス
      support @ ldt-workshop.org

    • 参加費 30,000円
      実費 20,000円(2泊3日5食付 参加費に含まれます)
       宿泊費/食事代は、参加当日会場受付で受領します。
       事前の振込みは一切受け付けておりません。ご注意ください。
    参加者のからだの状態に応じた対応をします

    さまざまなこころと身体の状態の方でも参加が可能となるよう出来るだけの対応をしております。
    重病の方や介助なしには歩くことが出来ない方の参加に当ってはご本人やご家族とまた場合により担当医師と相談し、参加期間中のサポートに配慮いたします。

    ワークショップへの参加をお断りする場合

    精神科的疾患のある方は時に悪影響が生じることがあるため、参加をお断りすることがあります。

    主なスケジュール
    • 1日目
       心の動きを知る自己作業
       オリエンテーション、ワーク
    • 2日目
       ワーク、レクチャー
    • 3日目
       振り返り、セレモニー、解散
    パンフレット

    ファイル 303-1.jpg ワークショップについて (Acrobat JPG 1111kb)
    ファイル 303-2.pdf
     第44回 開催案内 表面 (Acrobat PDF 189kb)
    ファイル 303-3.pdf
     第44回 開催案内 裏面 (Acrobat PDF 301kb)
    ファイル 303-4.pdf
     第44回 参加申込フォーム (Acrobat PDF 809kb)

第43回ワークショップは終了いたしました。

第43回ワークショップは終了いたしました。

第43回ワークショップへのお誘い 2018年05月03日~

キュブラー・ロスのワークショップ

ファイル 228-1.jpg

エリザベス・キュブラー・ロス博士の生と死、そしてのり越えるためのワークショップ
今、ここから一歩を踏み出す・・・
よりよく生き抜くためのグリーフワークへのお誘い

第43回 開催案内
開催地:国立女性教育会館
開催日時 平成30年05月03日(水)-05月05日(金)
05月03日 13:00 東武東上線 武蔵嵐山駅 集合

主催 NPO法人 キュブラーロスの会
   日本LDTワークショップ実行委員会
共催 Elisabeth Kübler-Ross Foundation,US
後援 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター

ワークショップ開催地
  • 開催地
    埼玉県比企郡嵐山町姿728
    電話 0493-62-6711
次回ワークショップ
  • 開催地
    関東近郊
    平成30年11月

ファイル 228-2.jpg

ロス博士とともに誓い 写真はKen Ross氏「EKR最良の土曜日」2004年6月26日に我々スタッフとともに撮影

Elisabeth Kübler Ross International Groups
 日本LDTワークショップ実行委員会本部
  • 事務局
     佐橋 啓空(通照院) TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722
  • 西宮デスク
     城谷 昌彦(城谷医院) TEL/FAX 0798-72-8768
  • 三木デスク
     山本 篤(山本医院) TEL 0794-84-1755 FAX 0794-88-8721
  • 九州オフィス
     満岡 聡(満岡内科消化器科医院) TEL 0952-51-2922 FAX 0952-51-2923
参加申し込み方法・連絡先
  • 参加申し込み
     この案内書に添付の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、下記の実行委員会本部か最寄の事務局に直接郵送していただくか、ファクシミリでお申し込みください。参加要綱を差し上げます。
     また詳しくはお電話でご相談させていただきます。
     このことに関してプライバシーは厳守されます。
  • お問い合わせ先
  •  ★ 事務局 佐橋 啓空(通照院)
      TEL 078-705-0124 FAX 078-708-7722

     ★ ホームページに記されている下記メールアドレス
      support @ ldt-workshop.org

    • 参加費 30,000円
      実費 20,000円(2泊3日5食付 参加費に含まれます)
       宿泊費/食事代は、参加当日会場受付で受領します。
       事前の振込みは一切受け付けておりません。ご注意ください。
    参加者のからだの状態に応じた対応をします

    さまざまなこころと身体の状態の方でも参加が可能となるよう出来るだけの対応をしております。
    重病の方や介助なしには歩くことが出来ない方の参加に当ってはご本人やご家族とまた場合により担当医師と相談し、参加期間中のサポートに配慮いたします。

    ワークショップへの参加をお断りする場合

    精神科的疾患のある方は時に悪影響が生じることがあるため、参加をお断りすることがあります。

    主なスケジュール
    • 1日目
       心の動きを知る自己作業
       オリエンテーション、ワーク
    • 2日目
       ワーク、レクチャー
    • 3日目
       振り返り、セレモニー、解散
    パンフレット

    ファイル 301-1.pdf
     ワークショップについて (Acrobat PDF 225kb)
    ファイル 301-2.pdf
     第43回 開催案内 表面 (Acrobat PDF 189kb)
    ファイル 301-3.pdf
     第43回 開催案内 裏面 (Acrobat PDF 301kb)
    ファイル 301-4.pdf
     第43回 参加申込フォーム (Acrobat PDF 809kb)

第42回ワークショップは終了いたしました。

第42回ワークショップは終了いたしました。

【金曜日の言葉】Vol.37

I know beyond a shadow of a doubt that there is no death
the way we understood it. The body dies, but not the soul.

Elisabeth Kubler-Ross


死は存在しないというマイナーで疑わしい考え方のその奥に、
それを理解するに至った。
身体は死を迎えたとしても、魂は死なない。

エリザベス・キュブラー・ロス

【金曜日の言葉】Vol.36

子どもが(大人も)それ(その人に与えられた試練や課題)を
のりこえていく力がないと思うのであれば、
あなた自身の中に癒さなくてはならない何かがある
エリザベス・キュブラー・ロス

【金曜日の言葉】Vol.35

The reality is that you will grieve forever.
You will not ‘get over’ the loss of a loved one; you will learn to live with it.
By Elizabeth kubler Ross

実際には、永遠にあなたはグリーフに向き合うことになる。
あなたは愛する人を失った哀しみを"のり越え"はしない。
あなたは、失った哀しみと共に生きることを学ぶ。
エリザベス キュブラー ロス

【金曜日の言葉】Vol.34

It is difficult to accept death in this society because it is unfamiliar.
In spite of the fact that it happens all the time, we never see it.
Elisabeth Kubler-Ross

死は日常で頻繁に起こるわけではないので、受け入れることは難しい。
見る事はできないが、実際には日常茶飯事にそれが起こっているという事実にもかかわらず。
エリザベス・キューブラー・ロス

ページ移動